テラスハウスハワイ編のシェリーはどんな性格?


テラスハウスハワイ編も残すところあと1話となりました。最終回直前に色々なトラブルが起こっていますが、一番気になるのがシェリーの問題発言ですよね。彼女の発言や態度によって、テラスハウスの中の空気はかなり悪くなってきたと思います。そこで、シェリーって本当はどんな性格でどんな人物なのかを書いていきたいと思います。

シェリーのプロフィール

シェリーの本名はシェリーマリア澄川ラボエで、25歳のハワイ島出身です。日本人の母とアメリカ人がいて、小学1年生のとき1年間日本に住んでいたので日本語が話せます。去年ミスハワイUSAコンテストに出て、ミスハワイ島に選ばれました。

最終学歴はカリフォルニア大学バークレー校心理学部卒業。カリフォルニア大学といえば、難関公立大学(パブリックアイビー)の中でも最難関の大学なので、かなり頭がいいことが分かりますね。卒業後にハワイ州不動産ライセンスを取得し、今はハワイライフという不動産屋で働いています。

独特なシェリーの恋愛観

美人で聡明なシェリーですが、恋愛観はちょっと独特です。最初の頃は仁希や杏奈とデートをして、態度をいまいちハッキリさせない大志にイラついて怒っていましたよね。「本当に恋しに来てる?」と、デートだけして答えを出さない大志を結構問い詰めていました。この時は大志のアプローチが悪かったし、シェリーに賛同した人も多いんじゃないでしょうか。

シェリーに疑問が生じ始めたのは、ロシア人が出てきたあたりからです。エリックとのデートのあと、パーティーで知り合ったロシア人とキスしてました。エリックと一緒のときは柔らかい笑顔で良い雰囲気を醸していたんですが、ロシア人とのキスの後に「今は一人に縛られたくないから彼氏は欲しくない」と言い出します。

これに大志は呆れてしまい、エリックが可哀そうだとウェズと話します。大志はシェリーに以前ハッキリしろと怒られてますが、シェリーも同じようなことになってますからね。しかも結局シェリーはエリックと付き合うと言いつつロシア人とは別れず、エリックと連絡を絶ってしまってます。エリックにきちんと気持ちを伝えていないし、大志が「リスペクトが足りない」と怒るのも無理ないです。

賢くてしっかりしたイメージだったのに、恋愛や人間関係に対しては自分勝手で相手に思いやりがなさすぎかなって感じがします。自分がハッピーになるのは大切ですけど、こうしたら相手を傷つけるなーとか何か起こす前に一旦考えてほしいですね。

ただ、日本語があんまり得意じゃないような印象もあります。満理子とのことも、言葉が足りなかっただけなのかなとも思います。結構最初から口が悪いんですが、ただ単に日本語の語彙が足りないんじゃないでしょうか。もちろん、それでも言うべきかの配慮は必要ですけどね。

実はうたれ弱い?シェリー

シェリーを知るためにインスタを見てみると、シェリーのインスタにコメントした人がほぼみんなブロックされているようです。これについては、どうやらシェリーは漢字が読めないため、日本語のコメントをした人を片っ端からブロックしているみたいです。やはりシェリーは日本語が苦手なんですね。

日本語が分からないけど否定的なコメントかもと思って、ブロックしているんじゃないでしょうか。気が強そうな人ほどメンタルが弱いことが多いですし、シェリーも実は傷つきやすいのかもしれません。

まとめ

優しくない印象が強いですが、もう話さないと決めた大志の恋が実ったときはお祝いしていましたし、根は悪い人じゃないと思います。配慮と言葉が足りないのがキツく見えて、必要以上に嫌な印象を持たれやすいんじゃないでしょうか。

あと、日本の番組に出るんですから、日本語の勉強をする努力をしてほしいですね。仕事にもイメージアップにも繋がると思いますしね。

追記

「テラスハウス」の動画ですが無料で視聴する方法があります

この無料視聴の方法は、別のページで手順をおって詳細に解説しています。これを読めば誰でも活用できるはずなので、ぜひテラスハウスを楽しむのに役立ててください。

⇨「テラスハウス」の動画を無料で視聴する方法をチェックする